FC2ブログ

3/5 ~象の夜~出演者紹介


8 1/2
 http://www.music.ne.jp/~hakka2bunno1/
ハッカニブンノイチ

いつもはエレクトリック形態でロマンチックで壮大な世界観を表現する彼ら。とても素敵でいつも吸い込まれるようにその世界観に入ってしまします。
しかし今回は、アコースティックバージョンでのライブをお願いしました。
なぜなら、昨年秋に観たスピカレコードでのインストアライブがとても素晴らしかったから。是非とももう一度観てみたい、いろんな方にも観てもらいたい!と思ったからです。
ロマンチックで壮大な世界観をそのままに、いつもよりももう少し体温を感じる彼らのアコースティックライブを、是非ともあなたの五感で体感しに来てください。
そして、ちょうど一週間後の12日(日)には、難波ROCKETSで彼ら主催の「Forbidden Colour 6」が開催されます!そこで、本来のエレクトリックバージョンをご覧になってみてください。

カタチは違えどどちらも間違いなく、ハッカニブンノイチの世界観が存在します。


shiba in car
 http://www6.ocn.ne.jp/~sic01/
シバインカー

みなとちゃんvo.&gu.と、かみうちくんgu.の、主に京都で活動するユニット。
初めて観たのは昨年秋に東京で初めて開催された4-FRAME MUSICS 23撮影で、でした。つまびくギターとその澄んだ美しいうたごえから広がる世界に、完全に魅了されてしまいました。
すぐに、どうしてもハッカと合わせてみたいと思いました。

酔いしれてください。


松山 弦大(aeronauts)
 http://www.aeronauts.org/
マツヤマ ゲンダイ

普段は aeronautsというバンドのヴォーカリストとして東京で活躍している彼ですが、今回はソロ名義の弾き語りでお願いしました。以前に大阪で一度だけあった彼の弾き語りを鮮明に覚えていたからです。aeronauts のロック感やスピード感とはまた全然違う、彼のうただけに向けられたスタイルは、きっとハッカのアコースティックに通じるものがあるんじゃいかと思ったのです。

以前に観た弾き語りの時から、向こうでは何度かソロで演りつづけているようなので、久しぶりに観る彼のうたの世界感がどうなってるか、とても楽しみです。


平松 永吉(bloom field)
http://www.geocities.co.jp/MusicStar/7416/
ヒラマツ エイキチ

こちらも、普段は bloom field というバンドで、vo.&gu.として活躍しているエイキチくん。チカラ強いうたごえでチカラ強く、時にはやわらかく、この世界の中で歌いつづけています。
そんな彼の弾き語りも、彼が作るうたそのままに一人でありながら強くココロになにかを響かせます。
この日は、どうやってココロを響かせてくれるのか、今からわくわくしています。



0 Comments

Post a comment